2011/10/31

飛騨高山の旅

”飛騨高山”に行ってきました。


山登りを予定をしていたので、寒さ対策もしっかりと準備してったけど
三日間を通して好天に恵まれ、最高の行楽日和だった。


    ”新穂高ロープウェイ”

しらか平駅ロープウェイ乗り場までの紅葉ロープウェイまでの紅葉


ふもとからロープウェイ乗り場のしらかば平駅までのこんなに素晴らしい紅葉

日本で初という二階建てのロープウェイに・・・・
   定員100名余り、中高年のおじさま、おばさまであふれんばかり
       (私達もお仲間
終点の西穂高口展望台からの眺望は 奥穂高、北穂高、槍ヶ岳などなど・・息をのむような絶景さすがここは空気がひんやり、でも風はなくさむーいはなかった。


新穂高ロープウェイ
ロープウェイ終点

ロープウェイからの風景








でも、800mほど登っただけで何とぜ~んぶ葉は落ち切って水墨画状態
(パンフには九月末から十月初旬が見頃ってあったっけ
・・・で、だんだんと裾野におりてきたという事ね・・・


"飛騨の里”




飛騨の里鬟幃ィィ鬮伜アア縺ョ譌・047_convert_20111030155241



飛騨地方の合掌造りや、かやぶき屋根の古民家を移築保存している博物館。
ここは、他と違って住みながらの保存ではない。あまり、観光化されてないところが より一層、自然な空気が流れている。 観光客も少なくゆっくりと廻れた。
   (昔の農機具なども展示されている。)夜はライトアップされ、幻想的になるらしい。


”白川郷”

今回の旅で一番楽しみにしていた所・・
合掌造り家屋が立ち並ぶ、その景観が世界遺産に登録されている。

そしてそこは実際に生活の場となっている。
さぞや、プライバシーも何もあったものではないのでは?と・・・


白川郷白川郷

行ってみてすぐ???・・・
観光地と言っても日々の暮らしが そこにあるのだから当然と言えば当然
だけど・・・
世界遺産という事で改築などは自由に出来ないとか・・聞いた覚えがあったので もっと他にも
制約があって大変なんだろうなぁ・・と。
でも、目にしたのは・・一角に有料駐車場があったり、茅葺き屋根のお宅の庭には不釣り合いな
新しいピカピカの車や自転車。
民宿も兼ねているらしく庭に沢山の洗濯物・・・と、どこも生活感たっぷり
うぅ~ん・・・って凄~く複雑な気持ち。

それと古民家だけじゃなく普通のお家も混在してるのにも
(ここでは写真を撮るのに余分な物を入れないようにと大変でした

でも生活しながら世界遺産を守るって、そういう事なんでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

のぶりんさん、すてきな旅行記、楽しく読ませていただきました。

紅葉って、なかなか最高の場所に最高の時期に行くのが難しいですよね。でも、美しい紅葉が見られたご様子、よかったです!

白川郷は行ってみたい場所の一つ。今回お話を読んで、なるほどと思いました。でも、じつは白川郷、小学校時代に父と行ったことがあるんです。当時は、古いかやぶき屋根の家って、家の中が暗いなあと思っただけでした。子どもには良さがわからんかったですね!

紅葉

紅葉きれい~v-34お天気が良いといっそう引き立ちますね。
山登りって!のぶり~んさん山ガール?ぐうたらの私は、山は遠くから眺めるもの ですv-11
白川郷に限らず行ってみないとわからない事ってありますよね。それが旅の面白さでもあるのかなv-7

他に?・・

モービーさん、ありがとうございます。
観光案内などは上手に撮るし、行ってみて、想像以上だったり、そうでなかったり・・v-12

やはり、合掌造りの集落で”五箇山”がありますが、そちらはどうなんでしょう?

とんでもない!

berryさん、山ガールなんて めっそうもないですよv-237
滝を観るのを予定してたので・・・・
結構、きつい坂を登って行ったので、寒いどころか、汗をかくほどでした。

今回は、寒いより暑いv-237が多かったです。