2011/12/08

くまちゃん、病院へ・・・

我が家のニャん子のくまちゃんの具合が・・・病院に直行 

前にも書いたけど、くまちゃんは10年程前に事故に遭って後遺症がある。

横隔膜ヘルニアというらしい・・肺や心臓と胃や腸の間にある横隔膜が事故の衝撃で破れ、

そこから腸が肺と心臓の位置まで上がってしまっている。

肺と心臓だけがある場所に腸が占領しているので息遣いがはげしい。

当然、食べた物は横隔膜を境に上がったり下がったり・・・

骨折もあったが、こっちの方が致命傷だったらしく、このままだったら5年位、

手術だと成功率30%と言われ、前者を選んだ。

その予想をはるかに裏切り、今年で12年目に入った。

恐るべき、くまちゃんの生命力

でも今回は ”歯”だ。 そんなくまちゃんでも高齢には勝てず、ほとんどの歯が抜け落ちている。

前の犬歯がぐらぐらになって、おかしな方向に向いて噛みあわせがうまく出来ず、

口を半開きにして血の混じったよだれを流していた。

歯を抜いてもらえば・・・なんて簡単に考えて行ったら、脱水症状がある?、胃のあたりが・・とか・・

交通事故にあってるので・・・とい言ってもスル―・・

当然、前のカルテ見ての診察だよね?・・結局、血液検査&エコー検査、で肝臓の場所が・・

そこで初めて先生は事故の事を知ったみたい。

ま、確かに前は亡くなった大先生が診てくれてたけど、うぅーん・・ねぇ・・

そしてレントゲン写真を見てびっくりしてた。
(どうやら、事故の影響で内臓の位置など ずれていて先生も戸惑ったらしい。)

この状態で元気にしてる事自体が奇跡的だと。いつ何が起きてもおかしくないとも。

それは わかっていたけど先生に言われて、改めてくまちゃんの生命力や
今まで頑張ってきたんだなぁーって無性に愛おしくなった。


血液検査は、高齢もあって あちこち内臓が悪くなってきてるようだ。

白血球が異常数値だったので、歯の炎症から?  だったらいいんだけど。

注射と飲み薬で様子をみる事に・・

我が家のニャん子達、みんなじいちゃん、ばぁちゃんなので、
        
         これからこういう病院通いが増えるんだろうなぁー。

少しでも先になる事を願うばかり・・  みんな元気でがんばってよ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント